プラダ トートバッグ 正規品

いい映画には、素敵な音楽がつきもの。映画に心を動かされた体験は、音楽とともに幸せな記憶になる。セリフでは語られない登場人物の気持ちが投影されていたり、さりげない一瞬にドラマチックな高揚感を生みだすなど、映画において音楽はいつも重要な役割を果たしている10月16日に発売されたコンピレーション・アルバム「幸せになるムービー・ソングス」に収録された18曲は、様々な種類の「幸せ」を感じさせてくれる映画から選ばれている現在公開中の映画「陽だまりの彼女」テーマソング、ビーチ・ボーイズ「素敵じゃないか」から、2012年公開作品NO.1となった大ヒット映画「BRAVE HEARTS 海猿」主題歌のシェネル「ビリーヴ」、ファッション業界を舞台にヘコまずがんばる女子を描いて大人気の映画「プラダを着た悪魔」の主題歌、KTタンストール「サドゥンリー・アイ・シー」、そしてディズニー映画「アラジン」「塔の上のラプンツェル」「魔法にかけられて」、ジブリ映画の名作「魔女の宅急便」など幅広く愛されている名作でおなじみの歌まで18の幸せなストーリーを彩った素敵なメロディーたちが、本作には収録されている。